GWT

Google Web Toolkitに関して

日本語版は常に、古い情報しかないので、英語版を見るのを強く推奨

ClientBundelle

最初に空のClientBundleを作っておけば

public interface MyResources extends ClientBundle {
 public static final MyResources INSTANCE =  GWT.create(MyResources.class);
}

EclipseだとコンテキストメニューからGoogle/Add ClientBundleで簡単にできる。
拡張子が.txtだとTextResourceとして、画像だとImageResourceとして、それ以外はDataResourceとして追加されます。
改行コードとかは、変換されずそのまま読み込まれます

Eclipseで開発

EntryPointの管理

ProjectのプロパティーのGoogle/Google WebToolkitでEntry Point Modulesの管理ができます。
これで、GWT Compile Projectボタン押した時に、余計なテストやライブラリーなどをリムーブする手間が省けます。